MENU
【かかと落としのやり方】膝痛 腰痛 耳鳴り 顎関節症も改善

【かかと落としのやり方】膝痛 腰痛 耳鳴り 顎関節症も改善 "踵落とし" の効果

腰痛やひざ痛など、痛みの症状を慢性的に患っている人には共通点があります。体の土台となる足の骨格のゆがみです。足は体の土台なのでゆがみは下から上に、ひざ、腰、肩など全身に波及し痛みとなって現れます。耳鳴りや頭痛、頸椎症、顎関節症なども、足のゆがみが根本原因になっているケースがあります【解説】弓削周平(木もれび鍼灸院院長)

解説者のプロフィール

弓削周平
木もれび鍼灸院院長。鍼灸師。長春中医薬大学中医学士、同大学客員教授。吉林省公認推拿師。北摂中医鍼灸研究会代表。鍼灸専門学校を卒業後、中国に5年間留学し、中医学と漢方・鍼灸を体系的に学ぶ。帰国後、日本鍼灸を学び直して木もれび鍼灸院を開業。伝統鍼灸に特化した治療に実績がある。
●木もれび鍼灸院
https://www.ishibashikomorebi.com/

すねの骨とかかとの骨のズレが痛みの原因だった

 腰痛やひざ痛など、痛みの症状を慢性的に患っている人には共通点があります。体の土台となる、足の骨格のゆがみです。

 私は、初めて来院された患者さんには経緯を詳しく聞き、主訴の痛みが1年以上続いている場合、患者さんの足首を後ろから撮影させてもらいます。

 するとたいてい、くるぶし部分が内側に傾き倒れている「過回内」が見受けられます(下図参照)。これは、垂直に結合するはずの、すねの骨とかかとの骨がずれているために起こる現象です。なぜこうした「ズレ」が生じるのでしょうか。

舟状骨が正しい位置におさまらないと足にゆがみが生じる

 そもそもは、土踏まずの真上にある「舟状骨」(図参照)という骨が地面に向かって落ちていることが原因です。これは足に合わない靴や、運動不足、高齢者であれば足のねんざなどを機に発生する現象です。

 舟状骨は、足の縦アーチを形成している「要石」です。ここが正しい位置に納まらないと、足にゆがみが生じます。偏平足、外反母趾、内反小趾など足トラブルの原因にもなります。

 足は体の土台なので、ゆがみは下から上に、ひざ、腰、肩など全身に波及し、痛みとなって現れます。耳鳴りや頭痛、頸椎症、顎関節症なども、足のゆがみが根本原因になっているケースがあるのです。

歩ける距離がわずか3日で飛躍的に延びた!

 では、落ちた舟状骨を引き上げるには、どうすればよいのでしょうか。実は舟状骨は、足の裏に回り込んだすねの筋肉により、下から支えられています。

 ですから、すねの筋肉を鍛えて土踏まずを形成すれば、下から押し上げるように、舟状骨の位置を矯正できるのです。
 また、すねには2本の長い骨があり、これらは、骨間膜という、かたくて強い膜でつながっています。骨間膜がスムーズに動くことで、2本の骨の間が狭まったり広がったりと、連動する構造になっています。

 骨間膜がうまく機能することで、すねの骨が自在に動き、かかとの骨に垂直に結合するようになります。すると、足首の過回内が改善。土台を整えることができれば、その上に乗るひざや腰、上半身の痛みなどの症状も、快方に向かうのです。
 そこで、過回内が見られる患者さんに、私が提案しているのが「かかと落とし」です。

 ただし、私の勧める方法は、一般的なかかと落としと、多少異なります。平らな床で行うのではなく、足のつま先側を3分の1程度、台の上に乗せ、段差を利用して行うのです。


段差を使う!かかと落としのやり方

【準備する物】
3cmほどの高さの台(大きめの雑誌やカタログを束ねて包むとよい)

❶足の前に台を置き、壁に両手をついて立ちつま先側を3分の1程度、台の上に乗せる。足は壁に向かって垂直にそろえ、肩幅に広げる。

❷ひざを伸ばしたまま、両足に均等に体重をかけ、かかとを上げ下げする。下げたとき、かかとは床につける。リズミカルに行う。

★1日に80~100回を目標に、毎日行う。何回かずつに分けてもよい。痛みなどの症状がある場合は、10~30回程度でも可。

 かかとを上げると、すねの骨間膜が縮まります。下げて床につけると、今度は骨間膜が最大限に引き伸ばされます。段差を使ってトントンすることで、骨間膜の可動域を、より広げることができるのです。

 また、段差がある分、衝撃も強くなります。負荷が高まるので、それだけ症状の治りも早いでしょう。
 最近は、かかと落としで骨に衝撃を与えると骨からホルモンが分泌され、全身の健康に役立つと、話題になっています。

 これまで、そうとは知らずに患者さんに勧めてきましたが、強い衝撃で骨ホルモンが出たことも、奏功しているのかもしれません。きちんと実践されたかたは、いい結果を出しています。

 50代の女性の患者さんの例を挙げましょう。慢性腰痛で、100~200m程度しか歩けない状態で来院しました。このかたは、左足が偏平足でした。

 かかと落としを勧めたところ奮起して、初日から100回を達成。熱心さが実り、わずか3日の実践で3kmも歩けるまでに回復したのです。偏平足も、状態がよくなりつつあります。

 足首の過回内は、整体や鍼灸治療では根本的に治りません。自力で治すしかないのです。
 骨が正しい位置に定着するまで、少なくとも1ヵ月は続けてください。きっと、変化を実感できるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
夫は脳梗塞を患って以来、家にこもりがちでしたが、43円療法を試したところ、その場でぼんやりとしていた目が輝き始めました。最初は渋っていた夫でしたが、体の軽さを自覚したようで、先日は、通院の帰りに、夫と二人でスーパーへ寄り道もしてきました。きっと体と気持ちにゆとりができたのでしょう。【体験談】坂本環(仮名・主婦・76歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
変形性股関節症のため左右の股関節を手術で人工関節に換えています。手術後は痛みが消え生活に支障はありませんでしたが1~2年ほど前、違和感を感じるようになりました。長く歩くと左の股関節の外側が突っ張るような不快な感じがしたのです。しかし、この不快感も43円療法をすれば消えるのです。【体験談】井上亜紀子(仮名・無職・78歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は、へそさすりをする時間を特に決めていません。思いついたときに1日2~3回、それぞれ5分ほどやっています。それまでは、足を着くと「痛い!」と感じていましたが、その痛みが弱くなってきたのです。また、両ひざのあちこちに移っていた痛みも、発症する頻度が減ってきました。【体験談】朝倉米子(主婦・79歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt