MENU
脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

脊柱管狭窄症や坐骨神経痛の痛みが悪化する「ストレス冷え」とは

体が冷えていると、体が緊張して、交感神経が優位の状態が続きます。すると、血管と筋肉が収縮し、血流が滞りがちになります。血行が悪くなれば、組織に酸素や栄養素がじゅうぶんに行き渡りません。それが、痛みの悪化の要因となるのです。【解説】富永喜代(富永ペインクリニック院長)

冷えが痛みを増悪させる悪循環の原因!

ペインクリニックとは、体の痛みを和らげる専門医院のことです。
当院にも腰やひざ、頭などに深刻な痛みを抱えて、連日おおぜいのかたが訪れます。

例えば、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニア、座骨神経痛などです。
これらの難治性の痛みの場合、なかなか症状が改善しないことが少なくありません。

複数の病院を渡り歩いてもよくならず、困り果てて私のクリニックに来るケースが多いのです。
こうした場合、投薬やブロック注射などの治療に加え、私は患者さんに、ある生活上のアドバイスを提言しています。

それが、おしりを温めることです。
痛みを悪化させ、治りにくくさせている大きな要因の一つが、体の冷えです。

それは、第1に体の冷えが自律神経のバランスをくずすことによります。
自律神経とは、私たちの体の諸機能をコントロールしている神経のこと。

いわば、生命活動の根幹を担っているといっても過言ではありません。
自律神経には、主に昼間の活動時に働く交感神経と、夜の休息時に働く副交感神経の2種類があります。

両者がバランスよく働くことで、私たちの健康状態は維持されているのです。
体が冷えていると、体が緊張して、交感神経が優位の状態が続きます。

すると、血管と筋肉が収縮し、血流が滞りがちになります。
血行が悪くなれば、組織に酸素や栄養素がじゅうぶんに行き渡りません。

それが、痛みの悪化の要因となるのです。
同時にまた、痛みによって血行が悪くなり、さらに冷えやすくなります。

その冷えが新たなストレスとなり、交感神経を優位にし、血行がいっそう悪化して痛みを増悪させる、といった悪循環を招いてしまうのです。

さらに、慢性的な痛みを抱える人は、痛みが日々くり返されることによって、より痛みを感じやすい体になっていきます。

わずかな刺激に対しても、それを痛みとして感じ取ってしまう反応システムが、患部と脊髄との間に出来上がり、それが痛みを先鋭化してしまうのです。
そして、この反応を強化しているのも体の冷えなのです。

ストレス冷えが解消し全身が効率よく温まる

体の冷えは、外気や生活習慣の悪化によってもたらされる一方、現代社会において、その大きな要因にストレスが挙げられます。

実際、痛みに悩む患者さんを診ると、大きなストレスを抱えていることがわかります。
私は慢性的なストレスが招く冷えを、「ストレス冷え」と呼んでいます。

ストレス冷えは、交感神経を過剰に緊張させて、体に痛みやコリを生じさせるだけではありません。
ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」の分泌を促すのです。

すると、血糖値やコレステロール値が上昇し、免疫力が低下してしまいます。
高血糖状態が続けば、糖尿病だけでなく、心筋梗塞や不整脈などの心血管疾患や、ガンのリスクも高まります。

さらに、高血圧や高脂血症の要因にもなりかねません。
まさに、ストレス冷えは、万病の元なのです。

このように、冷えには、通常の冷えと、ストレス冷えがあることがわかっていただけたかと思います。
そして、この両方の冷えを、最も効率的に取り除く方法が、前述した「おしりを温める」ことなのです。

それは、おしりが生物学上、とても重要な場所だからです。
おしりには、仙骨静脈叢と呼ばれる、静脈の交流地点があります。

心臓から送られた血液がいったん足先まで巡り、そして、心臓へと戻るときに通過するのが、この仙骨静脈叢なのです。
ここを保温すれば、血液が温かいまま心臓に戻ります。

すると、おしりだけでなく、全身を効率的に温めることができるのです。
おしりを温めることでストレス冷えが解消していき、自律神経のバランスが整ってコルチゾールの分泌もおさえられます。

脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアによる腰の痛みやしびれ、座骨神経痛、ひざ痛、さらに、糖尿病や高血圧、心筋梗塞といった生活習慣病の進行を防ぎ、改善へと導いてくれるでしょう。

では、実際に、どのようにおしりを温めればいいのでしょうか。
それは、別記事で詳しくご説明したいと思います。

解説者のプロフィール

富永喜代
2008年、愛媛県松山市に富永ペインクリニックを開設。医師、医学博士。『冷え、こり、痛み、ストレスも、コレで撃退!ヒップはらまき』(中央公論新社)など、著書多数。
●富永ペインクリニック
http://www.tominaga-clinic.net/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
セルフケアとして、私が患者さんにお勧めしているのが、仙腸関節の上に、使い捨てカイロを貼って温める「骨盤カイロ」です。カイロの熱で、仙腸関節の働きが回復します。そうすると、全身の関節や筋肉、神経の緊張が緩和し、脊柱管狭窄症をはじめとした、痛みやしびれが改善するのです。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2019-12-23 09:59:03
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-09-10 22:10:00
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-09-10 22:10:00
オクラ水を飲み始めたのが、今年の6月末です。同時に別の本に書いてあった、脊柱管狭窄症に効くストレッチを行っています。また近所にある温泉に足しげく通いました。こうした生活を始めて1ヵ月が経過し、驚いたことにお尻からつま先にかけてのしびれと痛みは、ほとんど消えているのです。【体験談】岡本ハルミ(仮名・主婦・81歳)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-09-10 22:10:00
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2020-04-27 10:34:12
腱鞘炎やバネ指は、手を使うことが多いかたなら、だれもが起こす可能性のある指の障害です。バネ指というのは、わかりやすくいえば、腱鞘炎がひどくなったものです。腱鞘炎も、バネ指も、主な原因は指の使いすぎです。痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村周(山口嘉川クリニック院長)
更新: 2020-03-23 10:16:45
筋肉がこわばると、体を支えている骨格のバランスがくずれて、ぎっくり腰を起こしやすくなります。ぎっくり腰に即効性があるのが、手の甲にある「腰腿点」(ようたいてん)という反射区を利用した「指組み」治療です。この「指組み」のやり方をご紹介します。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長・倉敷芸術科学大学生命科学部教授)
更新: 2020-03-02 10:09:34
慢性的な首のこり、こわばり、痛みといった首の不調を感じたら、早めに、まずは自分でできる首のケアを行うことが大切です。【解説】勝野浩(ヒロ整形クリニック院長)
更新: 2020-02-25 10:06:07
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2020-02-17 10:18:14

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt